facebook

田村 翔子Shoko Tamura

モデル/ホメオパス

出身地:東京

7歳から15歳までベルギー、シンガポールで過ごす。
青山学院大学文学部在学中にモデルとしてスカウトされ、‘85年大手薬品メーカーの広告に起用される。
国際感覚溢れるモデルとして脚光を浴び、ファッション誌のカバーやTV,CM等で活躍。
‘87年にドラマ「木曜日の女 男と女、究極の不良物語」で女優デビュー。
ドラマ、映画、舞台等に出演する他、エッセイの執筆も手がける。
近年は、自身や家族の不調をきっかけにホメオパシー(自己治癒力を使う同種療法)と出合う。
日本ホメオパシー財団認定講師として、ホメオパシーセンター東京総本部でホメオパスとしても活動する。